サロン開業にあたって立地を考える

Fotolia_43462189_XS


 


全国津々浦々のサロン様とお話しをしながら、資金力、オーナー・スタッフの素養とは別に、


「立地」の側面から繁盛サロンの条件を、実は仮説・検証をしているのですが、


(まだ立証していないので、あくまでイメージですが)


「口コミ、紹介がおきやすい土壌にあること」


「競合が少なく、広告費やSEOの手間がかからないこと」


「家賃が安いこと」


を考慮すると、特に首都圏においては


1.一つ目小町の駅チカにあること
※一つ目小町とは、ターミナル駅のひとつかふたつ隣の各駅しか止まらない駅のこと
→ターミナル駅よりも賃料が安い、競合が少ない


2.歯医者・学習塾・美容室が多い地域であること
→新興住宅地が近くにある


3.地域に根付いた商店街があること
→地元愛の強い方もいる


4.女性だけの健康教室カー●スがあること
http://www.curves.co.jp/


5.その地域の市区町村が、あまり健康増進事業に積極的でないこと
→健康についてお悩みの方が多い


というようなことが挙げられると思います。


特に4については、カー●スは、女性の健康、美容ニーズの高いエリアであることを綿密なマーケティングリサーチをもとに出店されているはずなので、大いに参考にすべきでしょう。


また、特に地方で顕著ですが、


郊外のロードサイド近く、イーオンなどの大型ショッピングセンター付近に新興住宅地が形成され、街の中心部・活気が移行している場合があり、


「駅チカ」のメリットが享受しづらくなってきているケースもあります。


ご参考までにどうぞ。